0.2秒の売り上げ。表示が遅いサイトで買おうと思いますか?

yuhです。

サイトの速度は重要です。

表示にすごく時間がかかるサイトで買おうとは思わないはずです。

色々なカスタマイズを加えて売り上げを上げる事も重要ですが、
基本的にカスタマイズを色々加える事で処理する内容が増え、
サイト自体が重たくなります。

サイトを公開した時は表示が速かったのに、気が付いたら重たい気がする
という事は普通にあります。

一つはECサイトを運営していく上で

等の原因でサイトが重たくなります。

依頼したサイト構築の会社からそこの部分の注意ってもらえてますか?
もらえてない場合確認してみてください。

おそらく

「ではサーバーを増強しましょう」

という返事が返ってくるはずです。
実際間違ってはいないです。

ただ、根本的な解決にはなっていません。

対応策としては

すべてに対して正直サーバーを増強すればある程度対応できます。
ただ、ランニングコストが限りなく高くなります。

サーバーを増強しても大丈夫という保証はないです。

限られたリソースを効率的に使えばある程度対応できます。

例えば商品数が増えたらサイトが重たくなった場合。
EC-CUBEの場合、商品数が増える事によって重たくなる場所は
・TOPページ
・商品一覧ページ
の2か所です。
もっと具体的に言えば
TOPページに設置している「おすすめ商品」が原因でTOPページは重たくなり、
商品一覧ページに関してはカテゴリで検索するクエリが原因で重たくなります。

両方のクエリをチューニングすると
http://speedtest2.ec-lab.net
こちらのサイトのように商品数100万件で表示0.2前後を出す事も可能です。
ちなみにこのサーバーは年間5000円の共有サーバーですが、それでもここまで効果は出ます。

ECサイトを作るときに機能的なものばかりに目を向けていませんか?
すごく基本となる部分ですが、速度はかなり重要かと思います。
カテゴリでの検索の場合はある程度費用的には固定で出ますが、
検索部分をカスタマイズしていたりプラグインを入れていた場合、追加でお見積りとなります。

現状Postgresql版のみ。
お問い合わせはこちらから。